グラスアイカスタム&ヘアアレンジ(Neo-Guy)                    06.07.02up

一度やってみたいと思ってた、ソフビヘッドのグラスアイカスタム。
初めてのアイペイントでヘタクソな目を描かれて以来、ずっと放置されていた
剛くんの目を、ようやく変えてやることにしました。

 

デフォルト

まず懐かしいデフォルト状態。
穴をあける位置の下書き。表情が
わかりやすいように、眉毛も薄く
描いておきました。
グラスアイを入れるためには頭を切り開く
必要があるのですが、生え際は見せたいし
前分け植毛もあるしで、ぐるりと一週
切れなかったわけでした。
結局後頭部の写真の位置に切り込み入れて
ココから頭の内側の作業をしました。
まず表からリューターで控えめに開眼。
そして後ろの切り込みから内側を削り、
表も少しずつ広げていきました。
6mmのグラスアイをボンドで固定。
開いた隙間をアクリル絵具で埋めました。
が、しかしここで大失敗。はみ出した部分に
黄色の色素が沈着して染まってしまいました。
ヘッドに近い色を黄色の上から塗り重ねて
どうにかごまかしましたが、ごまかしきれず
力尽きてそのまま眉毛描いて仕上げました。
長かった髪も短くカット。後ろは段をつけて
梳いたけど、髪の長さに対して太いし固いし、
前分け植毛が結構後ろの方まで来てるし、
広がっちゃってうまく馴染んでくれません。
前からみるとこんな感じ…でもまだサイドが
厚いので、ここからもう少しカットして、
人間用のジェルをつけてラップでくるんで
一晩放置して、まあまあどうにかカッコが
ついたかな↓

目のまわりの失敗をごまかすために眼鏡なんかかけてもらいましたが
元体育会系の生真面目な好青年ってとこかな。

さてもう一つ。
ビジネススーツのページでも既に使っていますが
発売当時に既に買ってあったNeo-Guy用の可動手足パーツも
組み立てました。


ボディは剛なので若干仕様が違うため、接続パーツはまた
別途購入しなければならなくて余計なお金もかかりましたが
手の表情を自由につけられるのは、やっぱり楽しいですよ。
 
とはいいつつも、こんなポーズつけて遊んでるわけですが↓

目元が多少クールになったところで、つよし君が
ウチでお笑い担当なのは変わらないのよ。
それに、裸足じゃなくちゃ可動足指が見えないし。
以前のヘラクレス風制服でもよかったんだけど、
スーツと一緒に作ったこのトランクスを
お披露目するいい機会だったものだから。

以上、イメチェン(ほんのちょっとだけど)した
二代目つよし君でした。