しろずきんちゃん(カスタマイズフィギュア)



ゲームのキャラドールに挑戦。
FFC○(ファイナル・ふぁんたじー・クリスタル・クロニクル)の
クラヴァット族の女の子です。最初のFF○Cです。
このキャラでゲームを進めていました。
ベースにしたのはカスタマイズフィギュアです。
創作造形(C)ボークス・造形村

最初のF○CCはジョブの区別が無くて、デザイン違いで4種類から
選べるようになっていたんですが、この子はその中の『しろずきん』。
でも後から知ったんですが、どうもこの白地に赤のギザギザ模様は
FFシリーズでは白魔道士の定番デザインだったようで、○FCCの続編でも
白魔道士の服として登場していました。
私は単純に、デザイン的に気に入ったものを選んだだけなんですけどね。
他のFFシリーズは、このときはまだやったことが無かったし。



何故コレを作りたくなったかというと、ストーリーの節目節目のお祭りで
クリスタルを囲んでみんなで踊ってる様子がかわいかったから。
種族ごとに(4種族あります。全部純粋な人ではないらしいです)
踊りも違っていて、クラヴァット族の家族や兄弟はコサックダンス風の踊りを
踊っているんですが、女の子だけちょっと違ってました。
自分流におしゃれにアレンジして踊っていたのかな。
 


しかし、このゲームの発売は2003年。
私の順番待ち作業リストで優先順位がどんどん後にまわされて、
お蔵入りになりそうになったりもしましたが、
カスタマイズフィギュアが発売されて、近いイメージで作れそうだと思ったことや、
FFC○自体もシリーズ化されて続編が出て、またこのしろずきんにお目にかかれたことで
優先順位がぐーんと上がって、思い立ってから実に5年も経ってから
やっと手をつけることになりました。
ボディについてはこちらからどうぞ




しかし、せっかくゲームキャラ作るんなら、服や髪もフィギュアっぽく
作ってみようかな、なんて余計な欲が出てきてしまって、
しかしいざ作って見ようとしても慣れない作業はつい手が止まってしまい、
素体を組上げてからまた放置、作業をちょっと進めては放置を繰り返し、
手をつけてから約一年後、ようやく形になりました。

結局衣装は布で作ることになりました。このへんの作業は慣れてるから早いです。

これはずきんの土台。
牛革使ってます。
ここまでは
順調だったんだけども。
 
  おそらく設定としては金属製であろうと
思われる防具類。
粘土で作ることにしたんですが、コレが
どうにも手が止まっちゃって放置…

数ヶ月おいてまた手をつけてみましたが、
結局あまりにもお粗末で、しかも大きさも
合わなくなってたので、このへんは
全部ボツにしました。

しろずきんは本来白魔道士だし、
お祭りで踊ってるときは防具なんか
はずしてるだろうし、と、勝手に解釈して
防具は全部省略。



靴も粘土で途中まで作りましたが、やっぱり手が
止まっちゃったのでボツ。
結局布とか革とか使って作りはじめたら、どんどん
作業が進みました。手間の数だけ数えたら
粘土で作るほうが早いんだろうけど、
慣れた作業は勝手に手が動いてくれますので
こっちのほうが早いです。

 この胸当てみたいなのの裾の飾りも、何で作るかで直前まで試行錯誤してました。
靴を革と布で作ることに決めてから、こっちも革を使えるところはできるだけ使って、
どうしても無理な部分だけ樹脂粘土やホイップ粘土で作りました。
服の裾についてる飾りも、はじめは粘土で作るつもりだったけど
さすがに面倒になってきてたので、ビーズアクセサリのパーツで
それっぽいのを探してきて使いました。



作ってる途中で、何度もやめときゃよかったと思いましたが、
出来上がってみたら、やっぱりかわいい♪
作ってよかったと思いました。

さすがに、ゲームのキャラドールは、材質的に作りにくそうなものが
多いので、もうやめておこうと思いましたが、
もしまた何かツボに嵌っちゃうキャラが出てきたときは、
今度こそ髪や衣装も全部、パテや粘土で成形した
フィギュアっぽいのを作ってみたいと思います。

 
09.04.20 up