パーツ組み立て・アイペイント<ピュアニーモ>

 

ぽっちゃり体型でパーツの差し替えでポーズを変えるピュアニーモ。
コレを書いてる今では、素材違いや可動タイプも出てバリエーションが増えていて、
アゾンさんのえっくすきゅーとシリーズにも発売時期によってボディが変更されています。

だけど、手作り&カスタム好きとしては、バラパーツが並んでたら、一度は組み立てて
見たいと思っていたわけで。そして、最近ウチに来たえっくすきゅーとのみうに
初期ピュアニーモボディが使われていたこともあり、ちょうどいい機会だと思って
3年前にオビツ60の腕・脚のパーツを単品買いで一式そろえて組み立ててみたように
今回、ピュアニーモでやってみました。



※ 以下、人形のバラバラパーツ写真が続きます。
ちょっと生々しく見える写真もあるので
そういうのが苦手な人は見ない方がいいです。
平気な人はどうぞ。↓





パーツはこんな風に、胸・腰・右腕・左腕・右脚・左脚と6つに分かれています。




まずパッケージ単位で組立て。
腕は右と左で形が違うので、表情のバリエーションが広がりますね。



 
それぞれを組んで、頭もつけたらこんなふう。
中空のソフビ素材なので、さわっていて優しい感じがしました。



みうさんにも登場してもらいましたよ。脚パーツを回転させると、
ぺたんこ座りにもなります。
尚、この写真でみうが着ている服はリカちゃんドレスですが、セットのロングブーツは
スリムすぎてこの脚には履けませんでした。かわりに履かせたのが、ウチにあった
ジェニーのナチュラルボディ用のブーツ(スウィートバンビーニ・シオンのブーツ)。
まあまあ馴染んでるかと。

ところで、各パッケージに入ってる説明書。
左上の方に。。。


こんなところにニーモちゃんが。




続いて、アイペイントも。
今回使用したのは06ヘッドのブラウンヘア植毛タイプ。
前にひめのの交換用ボディのために描いたアイペイントは、ちょっと眠そうな
ほややんとしたイメージだったので、今回は割と目をぱっちり開けた、
明るい感じにしようかと。



ペイント前、ペイント後。
一回、9割くらい描けた所で、どうもかわいくない、というか古臭い、ていうかダサイ感じに
なっちゃってたので、全消しして書き直しました。
そして今度は割と今風のアニメ顔を意識して描いてみたつもり。
でも今まで描いたこと無かった顔。仕上げたあとで、ほお、私にもこういう顔がかけるのか、
と、ちょっと不思議な気分になりました。いや技術はおいといて。
確かに直したい部分もあるけど、一度書き直して疲れたので今回はここまでで。



髪を整えて、頭をボディに乗せて服着せて。前髪作るとまた雰囲気変わります。
よかった、好きになれた。



口のモールドがシッカリ造られているので、横顔もいけてるかも。
はじめタラコにならないかちょっと心配でしたがそれは大丈夫だったみたい。



だけど、みうのために用意したリカちゃんドレスよりも、もう少し大人っぽい服の方が
この人には似合いそうだったので、ウチにあった27cm用のキャミをきせてみたら
やっぱりこっちの方が似合います♪
ただしサイズがかなり大きいので、後ろでつまんでピンで留めてますが。

以上、ピュアニーモのパーツ組み立てとアイペイントでした。

 

10.09.19