腕・脚パーツ組み立て<Obitsu60>

オビツ60の腕・脚のパーツ一式。単品買いするとこんな風になります。
実はコレ全部いっぺんに買ったわけではなく。
肘・膝が球状関節タイプというのが発売されてしばらく後、
まず球状関節とその上下のパーツだけ購入。
でも腕・脚まるごと交換できた方が便利だよなあと、結局
後から肩や手首などの、従来式と共通のパーツも購入いたしました。


以下、人形のバラバラパーツ写真が続きます。
ちょっと生々しく見える写真もあるので
そういうのが苦手な人は見ない方がいいです。
平気な人はどうぞ。↓

 

片っ端から袋開けちゃうと、左右の区別がわからなく
なっちゃうかなーと思ったけど、わかりにくいパーツには
L,Rの刻印があったので、大丈夫。



 
腕のパーツ、脚のパーツを並べた写真です。
二の腕や太ももなど、お肉のパーツは硬質ソフビ、関節のパーツは固い素材。
これを組み立てていきます。といっても、差し込むだけだけど。

硬質ソフビていうのは、普通にさわっても
ほとんど変形はせず、ちょっと力を入れて
ぐいっと押して、やっと変形するという
ぐらいの固さ。
 
なので、穴の大きさと軸の太さの差が
このくらいならば、すんなり差し込めるの
ですが…

写真手前は肩、奥は手首の関節とお肉。
どちらもかなり、差込側と受け側の太さが
違ってます。コレをそのまま差し込むのは
至難の業ですが、ソフビは温めると
柔らかくなる素材なので、ドライヤーで
温めてから差し込みます。
 
(左)んぐぐぐ〜っと押し込むと
   うにょ、と変形して差し込まれ、
(右)完全に奥まで入るとまた
   元の形に戻ります。
 
    
腕、脚それぞれ組みあがるとこうなります。
二重関節(従来のObitsu60)と比較。写真上が二重関節、下が今回組み立てた球状関節。
色の違いは…経年による黄変、です。購入してから2年と9ヶ月。パーツによって
違いはありますが、ショートパンツをずっと履かせてた結果が、このくらい。
曲がる角度の比較。肘の方は、結構差があります。でも、肘は実際の人間でも
完全に180度まがるわけでないので、このくらいでもいいかな。
逆に、膝は二重関節でも正座はできなかったので、大きな変化はナシ。
曲げてみた方が、造形の違いがよくわかります。


 
胴パーツも既にパーツ買いでもう一体分持ってたので、今回組み立てた腕・脚と合わせて
オビツ60が2体になりました。
素体まるごと一体買うより、パーツで揃える方が値段が高くつくんですが、
先に胸や胴のオプションパーツが発売されてそれを買ってあったからね。
それとダブらせたくなかったのです。

以上、Obitsu60腕と脚のパーツ組み立てレポートでした。

 

07.02.10