花柄ティアードロングワンピース <オビツ50・Unoa2nd>

お嬢様の休日。


色柄が気に入って買った生地を
眺めていたときに浮かんだイメージで
ワンピースを作りました。

Doll Show 37 販売用。


☆花柄ティアードロングワンピース
オレンジ系

ワンピース・ヘアアクセの
セットです

どちらかといえばドレスというよりも
部屋着に近いイメージなので
かなり透けますが裏地はつきません。
<素材>
薄手スパンボイル(ポリエステル)
トーションレース(綿)

裏地なし
衿ぐり、アンダーバスト、
腕にゴムシャーリング

袖口は少しだけ広がった姫袖です
後ろあきスナップ2個止め
縫い代ロックミシン始末

<ご注意>
※腕を通す時にひっかけないように
ご注意ください。
手首パーツは外したほうが着せやすいです。
はずれないときは指を丁寧に通してください。
開いた手や大きな手は通りません。
付属のヘアアクセ。

ワンピースと共布生地と
オレンジのオーガンジーリボン、
トーションレースを重ねて
真ん中にビーズを3個つけました。


☆ オビツ50サイズの対応ドール ☆
 
Vmf50-D
ヒールのある靴を履いてます
 
 
Vmf50-B
裸足で床すれすれの丈です
 
 
DD(1st)
  足首丈になります
 
 オビツ48(S胸)
ちょっと床引きずります
Vmf50−Bタイプで型紙を起こしていますが、多少余裕をもたせてあるので、
もう少し大きめの胸でも着られるかと思います。
また、衿ぐり・アンダーバストにいれたゴムシャーリングが強めに伸縮するので
胸の小さいタイプでもそれなりにボディにフィットします。


☆ このワンピのイメージについて ☆

去年の夏頃、スケスケシフォンのシンプルなマキシワンピを作りたくなり
生地屋さんに買いに行ったのですが、そのときは既に生地屋さんの売り場は
秋物にシフトしはじめていて、なかなか気に入ったものが見つかりませんでした。

そんな中で、このスパンボイルという生地は、シフォンよりも張りがあって、
作りたいものとはちょっと違っていたのですが
色柄が気に入ったのでとりあえず少し買ってみました。

あとで眺めているうちに、この生地は
カジュアルなキャミワンピよりも、袖のついた、もっと華やかなドレスの方が
合いそうだなと思ったときに、ふと頭をかすめたのが
ポンパドゥル夫人の肖像画でした。
いくつかあるうちの、オレンジ系のドレスを着ているやつです。

とは言え、ロココなドレスを作りたいわけでもなく、むしろ
ポンパドゥル夫人の、壁にゆったりともたれかかって微笑んでいる
その雰囲気とドレスの色が、この生地のイメージにリンクした感じ。

その時点で、このページの一番上の写真の左側でにっこりしている寿杏さんの
イメージが、髪型や髪色も含めてほぼそのままできあがっていたので、
そこから、細かい仕様をきめてこのワンピースになりました。


こちらはユノアセカンドサイズ、クリーム肌。

本当はもっと豪華なイスや背景で、もっとお嬢様な感じで
ゆったりと座ってる写真をとりたかったのですが、ウチではムリでした。

レースつけでもちょっと迷って、結局、細めのレースに少しずつギャザーをよせて
ティアード全段に縫いつけるなんて仕様にしたら、
このレース縫い付け作業が結構時間かかって
ちょっと苦行になりかけてしまいました。

全体には気に入ってるので、もう少し作りやすい仕様に変更できれば
別の布でも作ってみたいと思います。

13.05.06 up