青太郎
 
芝居ネタです。
私のコスプレキャラドール第一号です。

『我が名は虹』(演劇集団キャラメルボックス)より。

役名「青太郎」しかしほんとは「青葉」っていう14歳の女の子です。童顔なうえに、もう子供じゃない、と意気がってしまいかえって子供っぽく見えるという設定で、訳あって男の格好をしても10歳くらいの小僧にしか見えないというキャラクターでした。
 
ボディはVolksのEB-mini白肌プチ胸タイプ。
付属の頭は使わずに自作しました。

→約一年半後、別の素体に変更しました。
 変更版は下の方。


 

 


 
←後ろ向き。        立ち姿。→

後ろ向きが一番芝居の雰囲気に近いです。
と、いうことは、顔がマズイってことですね。
仕方ないです。修行中です。


そしてやっぱりこのポーズだ!
 
剣をウチの近所のマニア向けドールショップで
仕入れてまいりました。柄の部分が白いし
ちょっと立派すぎるんだけど、あまり種類も
無かったので、コレになりました。自作するほど
気合入ってないしね。
あとは櫛を胸元に忍ばせていれば完璧かな。
あ、足袋と草履もか?

うまい具合に、鞘が支えになってくれるので、
スタンドなしでも立ってます。えらいぞ青太郎。
でも、手がちっちゃいので刀を握れてない(笑)
     
写真ではかなり子供っぽい顔してますが、色塗る前はそれなりに大人っぽい顔してたんです。

←頭だけでこうもイメージ変わるもんかと思うでしょ?

目に色塗る前は、目はもっと小さくなると思ってたんだけど。いざ出来上がってみたら、…ペコちゃん?

自作頭

付属頭

着色がヘタくそで、顔のアップはとても見せられないんですが、この→角度のみ、割とかわいくみえるかな。
笑ってない顔にするはずが、なぜかニコっとしてしまいました。ん〜
髪。まあ、こんな感じでつくりました。
この写真の段階までは結構ラクだったんですが、
ここから後がたいへんでした。生え際を頭に
密着させたり、前髪作ったり。
最近では、これくらいの人形用のウィッグも
市販されているんですが、時代劇用のも作って
くれないかなあ、なんて思います。
付属の頭に植毛した方がラクだったかも。でも、
ちょっと幼すぎる気がしたの。

* 素体変更版 *
こちらの素体は、23cmオビツボディ(女の子)白肌。

ナンデ変更したかといえば、剣を握ることができる
オプションハンドがついてたから。
そして、足にマグネットが仕込んであるので、
金属製のものの上でなら、スタンドなしでも
立てるのです。というか、この黒い鉄板が
スタンドなのです。
←のポーズも、片足の下に鉄板を置くだけで
ちゃんと自立してるのですよ。

前の素体よりも1cm足が長いので、前より
袴をちょっと下げて履かせています。
まあこのくらいなら、不自然ではないかな。

武家の娘の青葉ちゃん、身長伸びて自立して、
嬉しいかな?

以上、青太郎でした。

06.01.01 update
04.07.16 update
04.04.17up